糖尿病は国民病

40歳以上の8人に1人は糖尿病を患っていると聞いたらびっくりしてしまう人が大多数でしょう。
現在、わが国では約820万人の方が糖尿病にかかっていると推計されており、その数は今も増え続けているという調査結果があります。
さらに、糖尿病を発症する可能性があるいわゆる「予備軍」状態の人たちが約1050万人も存在し、糖尿病は今や国民病と言っても間違いではありません。

ところが、これらの糖尿病患者のうち、現在、わずか半数しか治療を行っていません。
理由はさまざまですが、糖尿病は自覚症状をあまり感じることのない病気のため、発症の事実を当人が知らなかったり、検診で糖尿病ではないかと言われても、何の痛みもないため、ぷるるん女神 効果 副作用を気にすることなくそのまま放置という人がかなりの数に上っているのです。